住宅ローン減税と金利について

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
住宅購入を検討されている方も多いと思います。
購入するには住宅ローンを組まないといけません。
住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。
住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。
審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。
ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。
諸費用は人それぞれですが、少なくとも数百万単位かかると思っておいても良いでしょう。
住宅購入を考えても自分の家になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。
契約終了には約3.
4カ月かかる事が多いです。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ審査が少し変わっています。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
住宅の価値を重視して審査を行います。
住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
住宅ローンを組むためにはまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。
また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。