急ぎでお金が必要だけどバレたくない。アコムの借り方はどうなの?

アコムのカードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

お金を工面する方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のアコムのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、消費者金融のアコムのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

消費者金融のアコムのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、アコムの即日融資も可能なので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

消費者金融のアコムのキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

引用:http://www.toya-usu-volcanomeister.net/karikata/

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

ですから、アコムのカードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

普通、消費者金融のアコムのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のアコムのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

最大貸出限度額は消費者金融アコムの場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のアコムのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融のアコムのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融アコムのメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融アコムは貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されアコムのキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。