リフォームローン審査って自営業でも通る?

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか

それはリフォーム業者によって対応が異なります。

工事に取り掛かる前に頭金が必要になる業者や工事完了後に一括払いでOKという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、最初に必要な資材費を請求してくる業者もいます。

失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンについてご説明します。

アルヒのリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資金額は50万円以上1
000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)となっており住宅ローン並みに長期といえます。

それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。

また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、団信保険付プランを選択することも可能です。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

諸費用・リフォームローンにはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのは口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

でも、住宅事情は人それぞれで異なるので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算し条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。

リフォーム費用が高額になりそうであれば有担保型ローンが低金利でおすすめですが、低額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

中古住宅の購入と同時にリフォームを考えている人は一体型のリフォームローンを選択することで、金利を抑えることができます。

リフォームローンの口コミで気を付ける点として、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

やはり低金利なローンは人気なので多くの人が集中するため審査基準が厳しいという傾向にあります。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となり怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

そのため、口コミの身を信じてローンを選んでしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする場合は良い悪いという口コミの件数だけではなくどのような理由でその評価を付けたのかという理由をきちんと分析しなければいけません。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

でも、住宅ローンと比較して借入限度額は住宅ローンのおよそ1/10程度しかないのです。

借入れ可能な最大金額は500万円から1000万円という商品が一般的です。

リフォームローンの金利は、金利は2%から5%、返済期間は最長でも10年から15年しかありませんので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

無理のない返済額に応じた借入額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保不要のリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないのでとても手軽に利用することが出来るローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは規模が小さいリフォームになります。

持ち家で少額のリフォームということであれば、比較的余裕のある人のリフォームとみなされることが多く比較的審査に通りやすいようです。

リフォームローンの金利についてですが金融機関によってそれぞれ異なります。

低い金利は1%台からありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動金利と固定金利があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

一方、固定金利は完済するまで金利は変化しない安心感はありますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンについてご説明します。

アルヒのリフォームローンは申込資格には、満20歳以上から65歳未満と定められています。

融資金額は50万円以上1
000万円以内と高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを選択することもできます。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

リフォームローンのシミュレーションというものは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると該当するHPが複数ヒットします。

借入希望額、返済期間などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報を登録することはないので気軽に利用することができます。

返済額の計算は複雑なため、素人では試算が大変ですので、積極的に利用することをお勧めします。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

でも、住宅ローンと比較して借入限度額は1/10程度しかありません。

借入れ可能な最大金額は500万円から1000万円以内がほとんどです。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

支払に破綻のない返済額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

リフォームローンの口コミというのは、口コミ評価が高い金融業者が一概に良いとは限りません。

低金利なローンには多くの人が集中するので審査基準が厳しめになっているようです。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となり怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分に合った商品を見落とすかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする場合は良い悪いという口コミの件数だけではなくどういった理由でその評価になったのかという理由まで見なければいけません。

最近話題のアプラスのリフォームローンはTポイントが貯まります。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

次に金利についてなのですが、アプラスの金利は7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事についてですがいくつかの条件があります。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合に適用されます。

利用者に関しても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

しかも減税は自己申告制になっているので、入居した翌年に確定申告をする必要があります。

リフォームローンの一体型について紹介します。

簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンがだんぜんおすすめです。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

ただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。